リゼクリニック 口コミ

医療レーザー脱毛で起こりえる皮膚トラブル・・・

医療レーザー脱毛は、絶対に安全というわけではありません。
施術によるトラブルが起こる可能性も十分あり得ますので、
医療レーザー脱毛にはどのようなリスクがあるのか、事前にチェックしておきましょう。

 

医療レーザー脱毛で起きる可能性がある皮膚トラブル・・・

 

■火傷や施術後に生じるお肌の赤み

 

医療レーザー脱毛によって生じる可能性がある肌トラブルとしてはまず、
「火傷」や「お肌の赤み」が挙げられます。

 

というのもレーザー脱毛では、毛が生えている部分にレーザーを照射し、
その中に熱を発生させることで毛根を破壊していきます。

 

そしてそのためにはそれなりのエネルギー量のレーザーを照射しなければならないのですが、
パワーが強すぎると、火傷を起こしてしまうことがあるのです。

 

また火傷まではいかないにしても、レーザー照射後、
多くの方に「肌の赤み」や「点状のむくみ」といった症状があらわれます。
ただしこの症状はすぐにおさまりますので、そこまで神経質に考える必要はありません。

 

 

 

■毛嚢炎を起こす可能性もある

 

脱毛の施術でレーザーを照射すると、毛根だけでなくお肌のバリア機能にもダメージが与えられます。
このバリア機能は外部の刺激や細菌類からお肌を守る役割を担っていますので、
その機能がダメージを受ける結果、毛嚢炎を起こしてしまう可能性があります。

 

毛嚢炎になると毛穴の周りが赤くなったり、痛みがでたりすることもあるため、
医師の診断に従い、患部を清潔にしたり内服薬や外用薬を使用したりするなど、
適切な対処が必要になります。

 

 

 

■リゼクリニックはアフターケアも万全

 

リゼクリニックでは施術をする際、患者様の肌質や毛質を見極めながら
脱毛器の設定を細かく調整するなど、肌トラブルのリスクを最小限に抑えるような工夫をしています。

 

もちろんそれだけしていても肌トラブルが起こる可能性がありますが、
その場合は、診察料やお薬代、追加照射料など、すべて無料で対応してもらうことができます。

 

永久脱毛をするときは、こういった肌トラブルが起こる可能性があることも踏まえたうえで、
サポート体制が整っているクリニックで施術を受けることをおすすめします。